カードローン審査

MENU

カードローン審査で重要な属性について

属性は、簡単に言ってしまえば、カードローン審査に申し込む時に記入する項目となります。年齢や勤続年数、勤務先とその規模(従業員数)、既婚か未婚か、住居は賃貸なのか持ち家なのかなど、多岐にわたって記載していきます。

 

このいずれもが、申し込みする方の信用度を判断していく材料となるわけですね。

 

良い属性なら審査に通りますし、借りられる額も大きくなるでしょう。属性によっては、審査が否決になることや、希望額まで借りられないということもあります。それでは、信用度が高い良い属性とはどのようなものなのでしょうか?

 

勤続年数が長い

同じ会社で長く働いているということは、収入の安定度が高いということになります。収入の大きさ自体よりも、安定しているかどうかが審査では重視されるのです。仮に転職していたとしても、職種や業種などが変わっておらず、キャリアアップとみなされれば信用度が下がらないこともあります。

 

住居は持ち家

持ち家だとずっとそこに住んできて、これからも住むであろう、という予測がしやすいため信用度が高くなります。賃貸でも居住年数が長いほうが信用度は高まるでしょう。公営住宅の信用度は低めになってしまいます。

 

既婚か未婚かはケースバイケース

信用度が高いということでは既婚です。家族がいれば、簡単に連絡が取れなくなってしまうような状態にはならないからですね。しかし収入から支出の割合がそれなりに高く、未婚者ほども自由にお金が使えないことが、限度額の低さにつながることもあるのです。この点は申し込みをしてみないと分からない点でしょう。

 

属性は簡単に変えられないものですが、意識することで少しでも信用度を高くできることもあります。申し込み前には見直してみましょう。