カードローン審査

MENU

カードローン審査での在籍確認が気になる!

カードローン審査では、在籍確認は必ず行われます。しかし、申し込みをする方は、在籍確認のことを考えると、少なからず心配になってしまうのではないでしょうか。

 

在籍確認とは、申し込み者の勤務先に連絡を入れて、本当に勤務しているかを確かめるものです。

 

勤務先には電話連絡が入るため、「ローン利用のことがバレてしまわないかな?」と気になりますよね。在籍確認がどのように行われるのか、具体的に見ておきましょう。

 

まず、審査は一次審査と本審査に分けて行われます。一次審査が通った段階で在籍確認が行われる場合がありますね。また、本審査終了後に借入の意志確認をすませて在籍確認することもあります。このように、カードローンを取り扱う金融機関によって違いがあるのです。

 

実際に電話連絡を入れる時には、金融機関名などは原則として名乗りません。担当者の個人名で電話がかかってきます。ただし最近では企業によって、個人名の電話は取り次がないこともありますね。こんな時には、銀行カードローンなら○○銀行ですというように名乗るようになっています。銀行名なら、ローンの利用かどうかはわからないでしょう。

 

また、在籍確認は申し込み者本人が電話に出る必要はありません。不在の場合でも働いているという確認ができれば、そこで完了です。ローン申し込みをした後、気づかないまま在籍確認がすんでいることもありますね。金融機関側も、できるだけ在籍確認とわからないように連絡を入れてくれます。気にはなるものですが、カードローン利用前には必要なことなのです。