カードローン審査

MENU

カードローン審査の基準は?

審査基準がわかれば、カードローンで借りられるのに…と思っていませんか。
申し込み前に審査基準を調べて、確実に通るようにしたいと考える方も多いはずです。

 

しかし、どのようなカードローンでも、申し込み者は審査基準を知ることはできません。もしも年収200万円以上で勤続年数が2年以上なら審査に通ると、はっきり分かってしまったならどうでしょう。自分が申し込み者なら、年収が190万円でも200万円と記入しますよね。勤続年数も実際には1年半だとしても、2年と書いてしまうでしょう。こうなると、金融機関はきちんとした審査は一切できません。

 

申し込み者は、ありのままの現状をきちんと記入することで、金融機関は正しく審査することができるのです。金融機関が審査で知りたいことは、申し込み者にきちんと返済能力があるかどうかでしょう。審査基準を事前に知らせてしまうことは、正しく審査ができないということになってしまいます。

 

ただし、審査基準がわからなくても、信用度を高めることで審査に通りやすくなるということがあるのです。信用度が高い方は、勤続年数が長く、住居は持ち家、固定電話があることなどが条件となっています。もちろん現状を簡単に変更できないこともあるでしょう。審査に申し込む予定があるなら、できるだけ勤続年数が長くなるようにするなど、対策を考えるとよいですね。

 

審査はいくつかの項目で行っていきます。収入だけが高くても、他に問題があれば審査には通りません。トータルで信用度を上げるようにしておきましょう。